在留資格バナー
在留資格バナー

日本で働く・学ぶ

資格外活動と留学

資格外活動と留学

日本で働く

その資格で働いてもOK?

アルバイトも週28時間制限、卒業後の資格変更も確認
外国人コックと雇用主

 
雇用する方への助言として、雇用や募集している職種が何かの在留資格に当てはまり、許可が下りそうな職種であればよいのですが、そもそも就労ビザが下りない職種に外国人を募集しても徒労に終わるだけです。たとえば、飲食店のホール係、レジ打ちや建設現場の単純作業員などの業務には就労ビザは下りません。現在働いている方は、留学、研究など別途の在留資格をもち、資格外活動の許可をもって就労されている方だと思われます。

日本で学ぶ

留学後の将来を考える

学校への出席率も問われる非常に厳しい審査基準
外国人女子大生と日本人女性

 
留学生の方で共通する悩みが、日本でのアルバイトができるかどうかです。資格外活動を取得して(留学生のアルバイト等)約24万人にいます。しかし、一週間の決められた労働時間や学校の出席率などが留学後の在留資格変更の審査の対象になります。 就職の際にも影響が大きく、卒業後に日本に再入国もできないケースもあります。 不利益な扱いにならないためにも適切なサポートをいたします。

国際結婚・工事現場での就労

変わりつつある様々な条件

変わりつつある様々な条件

国際結婚・
工事現場での就労

変わりつつある様々な条件

変わりつつある様々な条件

国際結婚

手続き次第で明暗を分けます

愛しているのに一緒に住めない
国際結婚パスポート持つ男女

 
婚姻届だけでは日本に住むことはできません。外国国籍の方の適切な在留資格の申請が要求されます。年齢差がある、交際期間が短い、結婚相談所の紹介、ネットで出会った、収入が少ない・収入の証明が無い、過去にオーバーステイしていたなどで不利益な扱いを受けることもあります。夫婦なのに一緒に住めない、子供と離れ離れになるという悲運の国際結婚にならないためにも是非、専門家である申請取次資格を持つ行政書士にご相談ください。

建設業と外国人

技能実習生の扱いが変わります

在留期間や一時帰国の期間などが緩和されます。
高層ビル建築現場

 
建設分野で活躍する外国人の数はH23年度から3倍以上に増加(1.2万人→4.1万人)に、技能実習生の受け入れが最も多くなってきています。国交省をはじめ厚労省、法務省も2020年パラオリの権背湯需要増加にあわせて外国人建設就労者の受け入れについて見直しを始めています。技能実習で3年間日本で就労し、いったん帰国しなければならないところを 一ヶ月間の帰国後に技能実習3号として、さらに2年間受け入れをすることができるように本年11月1日より施行することになっています。

日本に永住したい・帰化したい

日本で安心して生活するためには

日本で安心して暮らすためには

在留資格変更届出

離婚・死別・住所変更・転職など

頭を抱える男性外国人

 
入国管理局は、在留資格の変更について細かく変更があれば、申告するようにお知らせをしています。知らなかったではすまない、手遅れでオーバーステイ状態になったり、退去強制へ、または期間短縮や更新ができないなどの不利益な扱いを受けることもあります。

永住・帰化申請手続

日本に永住・日本国籍取得

外国人三世代家族

 
日本に在留し、何もネガティブな要件がなければ、およそ10年の日本在住で「永住権」を取得することが可能です。さらに高度人材であればポイントによっては最短1年で「永住権申請」が可能になります。
永住にはない権利を得るためには、帰化という方法をとります。これは入国管理局ではなく、法務局というところが窓口となり、国籍法に絡む案件になります。